九重観光ホテルからのお知らせ

九重の最新情報をお届けします!

イベント情報、山の音楽会♪、
くじゅう花便りなど…
九重の最新情報をお届けします! 

KUJU UP TO DATE  

九重の最新情報をお届けします!九重観光ホテル

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/08/14

『ミヤちゃん』のパン 

ミヤちゃんパン2013.8.14

九重町(ここのえまち)の観光キャラクター:『ミヤちゃん』のパンを見つけたので買って食べてみました。
普通に美味しいです・・・でもよく見ると「くじゅう高原牛乳パン」で『ミヤちゃん』?

くじゅう(久住)高原は竹田市なので『ミヤちゃん』は飯田高原が正解では?

よく見るひらがな表記の『くじゅう』ですが、阿蘇くじゅう国立公園の様に九重(くじゅう)と久住(くじゅう)の両方を含む場合の表記として平松知事時代に折衷案として使われ始めました。その拡大解釈で『くじゅう高原』と表記したのでしょうが、地名や呼び方を勝手に変えるのはどうも好きではありません・・・

山の名前もごく最近『くじゅう山』と書く場合がありますが、古くから九重山・久住山と両方使われているのでこの『くじゅう山』表記もその意図に悩みます。九重登山のパイオニア:加藤数功氏が主峰を久住山、連山を九重山とする表記で定着し、それを基に深田久弥氏の『日本百名山・九重山』も書かれています。今さら?
・・・実はこれが言いたかったのですが変なところで結びついてしまいました。
スポンサーサイト

2013/04/28

九重山逍遥歌 2013.4.28

九重山逍遥歌2013.4.28

今年の九重山山開き・山頂祭は6月2日(日)久住山にて行われますが、その前夜祭の時にお披露目予定の曲がこの“九重山逍遥歌”です。
福岡県春日市在住の川﨑清昭さんが作った曲で、九重山の四季が歌われています。詩もさることながら、作曲者の冨永さんの美声に聞き入ってしまいました。
当日の前夜祭では両名来られて、歌って頂く予定ですので・・・お楽しみに!!!

2012/04/07

くじゅう・・・つれづれ 2012.4.7

今回は『飯田高原』(はんだこうげん)編です・・・

今日は延期されていたタデ原湿原~泉水山麓の野焼きが行われました。
これで大将軍、タデ原湿原、豊後渡し、坊がつると私達の観光協会が関わる全ての野焼きが終わりました。
後は春らしさを待つばかりなのですが今年はチョット寒いですよね。
野焼き後の長者原2012.4.7
野焼き直後のタデ原湿原です。(ラムサール条約登録湿地) 2012.4.7撮影
う~ん、美しい!

前回は長者原の地名の由来について書きましたが、長者原とほぼ同じ時期に飯田高原の名前もつけられています。
まあ飯田にある高原ですから飯田高原なのですが、この地域の総称として呼ばれるようになったのは前記の1926年にあった油屋熊八氏のテントホテル開設と少年団キャンプ大会の開催が契機となっている様です。それまでは地蔵原、中の原、みの原など部分的表現でことたりていたのが観光の幕開けとともにその総称が必要となり、飯田の佐藤達(いたる)氏による観光パンフレット『飯田高原案内』によって初めてその名が使われました。(郷土史家・小野喜美夫氏による)

2012/04/02

くじゅう・・・つれづれ 2012.4.2 

朝日長者伝説と長者原の話

さる3月18日、梅木秀徳氏をお招きして九重に伝わる朝日長者伝説と七不思議の講演が行われました。
そこで長者原について少し・・・
朝日長者2012.3.18
講演をする梅木秀徳氏
ご存知、九重を代表する歌『坊がつる讃歌』は広島高等師範学校(現・広島大学)の『山岳部第一歌・山男』を基に梅木氏等によって作られた歌です。
七不思議2012.3.18
朝日長者伝説・七不思議のひとつ ~不断鶴の墓~
七不思議の場所は民家の中にあったりと中々行き難いのですが、ここはまあ何とか探せそう。長者の屋敷神とされる『年の神』のすぐ近くなのでここがおススメかと思います。

長者伝説は全国に同じような話が多々あるのでその信憑性はともかく、この朝日長者伝説が今の長者原の地名の由来です。

長者原と命名されたのはそれ程古い話ではなく、1926年に別府観光のパイオニア・油屋熊八氏が『松の台』にテントホテルを開設。その一帯の地名を『長者賀原(ちょうじゃがはら)』と命名しました。しかし同じく同年開催された日本少年団全国野営大会の指導者・ニ荒芳徳氏(伯爵)が「九州では原をハルまたはバルと読み、ちょうじゃばるが好ましい。」と言ったので長者原(ちょうじゃばる)で定着しました。(郷土史家・小野喜美夫氏より)

2011/07/19

平治岳・ミヤマキリシマ被圧樹木の伐採作業 

九重連山の中でミヤマキリシマの咲く時期最も人気のある山が平治岳でしょうが、ここのミヤマキリシマの大群生がノリウツギ等の雑木に被圧され徐々に狭まってきていました。そこで今年から環境省から許可を得て数年計画で復元作業を行っています。7月13日は私達、九重・飯田高原観光協会と九州林産、公私隊、地元警察、環境省のメンバーでチェーンソーと手鋸を担いで本峰山頂付近の伐採を行いました。被圧されていた部分は一見枯れているかの様ですが、前回の作業後の経過観察ではもう既に若葉が出ていましたので今後が楽しみです。
登山後の作業ですので時間が限られてしまいますが、関係者で定期的にやっていこうと思います。

平治岳の作業1 2011.7.13
平治岳本峰の坊がつる側での作業風景 2011.7.13 

平治岳作業2 2011.7.13
本峰山頂付近での作業風景 2011.7.13

平治岳2011ミヤマキリシマ
今年の平治岳のミヤマキリシマ 所々にある緑色だけの部分がノリウツギです。

ホーム

HomeNext ≫

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

 

ページTOPへ

おすすめコンテンツ

お料理 牧の戸温泉 お部屋 九重地熱発電所
大分県産を中心とした安心・安全な食材を使用した地産地消にこだわっています。
詳しくはこちら
敷地内より湧出する源泉を掛け流しにした温泉『牧の戸温泉』です。
詳しくはこちら
山肌のマイナスイオンをたっぷりの安らぎの空間です。
詳しくはこちら
牧の戸温泉の蒸気を利用した、自家用地熱発電所がございます。
詳しくはこちら

オンラインご宿泊予約

お電話でのお問合せはこちらtel0973-79-2211

ご宿泊プラン ご予約の照会

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。